このサイトでは、注文住宅を建てる際に役立つ情報を詳しく紹介しています。
建築家に設計を依頼するとどんなメリットがあるのかや設計事務所にした方がいいのか等があります。
また、理想の住まいを実現するにはライフスタイルや今後の生活を具体的にイメージすること、間取りを考える際はどのようなポイントに気を付ければいいのかといったことも伝えています。
自分だけではなく、家族全員の理想の間取りや住まいを実現できることも詳しく紹介します。

注文住宅を建築家に依頼するメリット

注文住宅を建築家に依頼するメリット 注文住宅を建てる際に建築家に依頼するメリットには、自分の理想にとことんこだわった住宅を建てられることが挙げられます。
注文住宅の魅力は、何といっても自由度が高いことです。
一般的な住宅だと万人受けするように定番の間取りになっていたり、素材や色味にも個性がありません。
建築家に依頼すれば、自分では思いつかないようなデザインを提案してもらえます。
個性的でユニークな住宅にすることも可能で、自分達だけのオンリーワンの住まいが実現できます。
こういう暮らしができるのかといった驚きが感じられることもあるでしょう。
住まいに対してこだわった分だけ愛着も湧いてきますし、心からリラックスして寛げる環境を手に入れることができます。

注文住宅では土地探しと施工会社探しは並行して行っていくのがコツ

注文住宅では土地探しと施工会社探しは並行して行っていくのがコツ 注文住宅を利用する上で、施工会社を探すことは非常に重要です。
住宅建築のための要望を可能な限り聞き入れてくれる会社を探さなくてはいけませんので、この会社選びに失敗してしまうと満足な注文住宅を手に入れられなくなる可能性があるからです。
しかし、それと同時に大切なのが土地選びです。
実は。
施工会社を探すことと並行してこの土地選びを必ず並行して行っておかなくてはいけません。
これは、住宅ローンと関係があるからです。
一般的に、注文住宅に限らず不動産の購入を検討している場合には、住宅ローンを利用することが前提で話を進めていくことになります。
ポイントになるのが、住宅ローンの審査そのものです。
確かに、施工会社を決めればスムーズに話し合いを進めていくことはできますが、金融機関はどういった場所に建築物を建築するのかを決めていない状態では、融資を行ってくれないという背景があります。
金融機関は、綿密な計画書や見積書の提示を求めてきますので、これを準備することができないとそもそも融資をしてもらうことができません。
これは、注文住宅であっても同様であるため、まずはどういった地域で施工を行うのかを会社とともに決めていくことが大切になります。

注文住宅でライフスタイル合った住宅を手に入れる

戸建てを新築で購入する場合は既に出来上がった住宅を買う方法と、オーダーメイドで一から作る注文住宅があります。
既に完成した建売の住宅だとデザインや機能性の面でスタンダードな住宅が多く、自らのライフスタイルに完全にあった機能を備えている家に出会えるケースは珍しいです。
特に希望している機能などが、特殊になればなるほど建売りの住宅で希望にあった物件を探すのは難しいです。
注文住宅は一から要望を出して完全にオーダーメイドで住宅を作る事ができます。
そのためライフスタイルに沿った機能を備えた住宅を建てる事が可能です。
比較的建売りの住宅と比べて注文住宅よりも高くなりますが、希望通りの家に近いものを探すのではなく、希望通りの家を作る事ができるメリットがあります。
注文住宅の注意するところは建売りとは違って現物を見てから購入する事ができないという事と、コストをかけた分だけ売却時に市場に評価されるわけではないという事です。

注文住宅の性能を証明するものは何があるか

住宅性能表示制度とは、国が定めた基準で住宅を比較できる制度です。
これをもとに作られる住宅性能評価書は数値化されたものなので、注文住宅を購入する時に、住宅ローンや地震保険を利用するのに優遇や割引を受けることができ、専門家が評価することで信頼があり、問題が起きた時には住宅紛争処理機関が迅速かつ公正に対処します。
また、数値レベルを指定して注文住宅を購入することができます。
この制度の具体的な必須項目としては、構造の安定(耐震や天災への強度)・劣化の軽減(木造の腐食を防ぐ対策や、鉄骨がサビない対策)・維持管理と更新への配慮(配管類点検や補修のしやすさ)・温熱環境とエネルギー消費量(断熱対策や冷暖房・照明・換気などの設備)があげられます。
他には、火災時の安全・空気環境(ホルムアルデヒドを使った建材や換気設備の状況)・窓の面積(採光性)・遮音対策・高齢者などへの配慮(移動は楽にできるか)・防犯対策があげられます。

おすすめの注文住宅情報サイト

静岡 注文住宅